ISO9001について

システム

品質マネジメントシステム

品質マネジメントシステムとは、ISO9001のことを言います。一般的に高品質の製品を製造するイメージを持っている方も多いでしょう。ですが、実際は、高品質な製品の製造システムを管理するという意味があります。製品を製造するシステムをしっかりと管理することによって、高い品質の製品を作ることができるようになるのです。製造に関するマニュアルなどを作成していても、しっかりと管理することができていなければ意味がありません。このような製造システムを管理するために、ISO9001が必要となってくるのです。つまり、ISO9001を取得することで、製造システムの管理を徹底することができるようになります。安定して高い品質の製品を製造することで得られる効果は様々です。まず、大きな効果として顧客満足度を高めることができます。基本的に、システム管理ができるようになると、製品の品質やサービスが安定するようになるでしょう。顧客は、安定して品質の良い製品を手にすることができるので、顧客満足度が高まるのです。顧客満足度が固まれば、需要も大きくなっていくでしょう。企業側と顧客側のどちらにもメリットがあるのです。

システム管理の内容

まず、組織の状況を整理します。課題やニーズなど、組織を取り巻いている事柄についてまとめる必要があるのです。ISO9001ではプロセスを重視しています。プロセスアプローチについてもまとめておきましょう。さらに、ISOではリーダーシップも求められてきます。説明責任が大切になってくるのです。業務分掌や組織図を整え、品質方針にて顧客重視について表明します。責任や権限の在り処も明確にしておきましょう。更に予期せぬトラブルや問題が発生した場合の対処方法も考えなければなりません。リスクに対する、対処を計画していくのです。また、支援体制も見直します。これはリスク管理に大きな影響を及ぼるでしょう。組織内で支援体制について共有し、文書化することになります。また、ISO9001のシステムでは運用の手順や計画も整えます。誰が何をするのか明確にすることができるでしょう。それから、具体的に手順や計画を考えて行きます。製品の製造から出荷までの流れを整えましょう。そして、最後に評価して改善していきます。予め決められた指標を基準に、プロセスを評価します。問題がある、もしくは問題が発生する恐れがある場合は改善が必要です。絶えず評価と改善を行なうことで、より安定したシステム管理が実現できます。

仕組みを作るのが目標

ISO9001を取得しただけで、不適合がなくなるわけではありません。基本的にISO9001は不適合をなくすための仕組みを作るシステムです。このシステムを取り入れることで得られるメリットを見ていきましょう。

新着情報

主なメリット

役割を明確に

業務手順のマニュアルを作成することになるので、それぞれの役割が明確になります。どの部署がどの業務を担当するのかハッキリさせることができるでしょう。メリハリをつけて業務をこなすことができるようになります。

無駄をなくす

役割を明確にすることによって、無駄を省くことができます。例えば、ツールなどの発注を行なう場合、担当者を絞ることができるのです。担当者を絞ることで、ツールの発注をスムーズに無駄なく行えるようになります。

ツールの把握

企業によっては、社内にどのようなツールがどのくらいの量あるのか把握できていないことがあります。ISOによって、リストを作成すれば、ツールの種類や量を把握することができるようになります。

新しい取引先を獲得

ISO9001を取得していれば、それだけで企業の信頼性は高まるでしょう。営業や商談などで有利に働くのです。新しい取引先を獲得するのにも、有効に働きます。

広告募集中